2012年7月27日金曜日

コズミックフージョン3始まりました。


グループ展「コズミックフュージョン3」のお知らせ
  会期 明日7月27日(金)〜8月1日(水)入場無料
  時間 10:00〜18:30(入館は18:00まで)
      初日のみ15:00開館、最終日17:00閉館 
  会場 大崎O美術館 大崎ニューシティ2号館2F
  
   出展作家情報等は下記からどうぞ。

  ネイチャー系、ファンタジー系の作家の原画にこだわり、隔年で開催し
  ている展示会も今年で3回目になります。
  新人にせよベテランにせよ実力派の作家揃いで原画は見応えは十分!
  少し時間に余裕をもってご来場していただければ幸いです。

2012年7月7日土曜日

クリエイターexpo終わりましたね。

3日間でしたが有効だったですね。前記でいろいろ文句も書きましたが、私のような者でも参加できるという趣旨に賛同しての参加だったので、その点は文句ないイベントだったと思います。
でも来年は、どうかといえば参加しないです。

いろいろ、偶然な出会いもあり、結果(仕事に発展する)は先だとしても手ごたえは十分でした。

ただ、いろいろな問題点もあります。
今回は参加400人でしたが次回は800人になります。たぶん、来場者も今年の倍になるのは間違いないと思います。それだけ出会いの数も多くなるのも間違いないですので、それはいいことですが、問題はその内容です。

我々が求めているのは顧客対象者です。今回の顧客対象者の中で来年も来る方の目的の中には、前回はいい人材が見つかったので今回はもっといい人材がみつかるかも?逆に、前回はいいと思って使ったけど、いまいちだったので、また探しにきた。などで続けて顧客対象者がくることもあります。その場合は寂しいですよね。けど、新たに顧客対象者が多数来るのもまちがいないところだと思います。

でも、問題は顧客対応者だけではなく、それ以外の人も今回の倍は来るだろうということです。

今回感じたことですが、人が多く自分のブース前の通路にいる事と、自分のブースに関心を持って見てくれる事とは違うということ。さらに言えば人間の心理で混んでいる状態では周りの風景(この場合はブースに展示してある作品)など見ないということです。完璧に止まればいいんですが。

個人てきには自分の知り合いが数多く来てもらうことは非常に嬉しいことですが、その逆もあります。目的がある人は目的の作家に行きますので、その方々が全体的にゆっくりいろいろ見て回ろうという事がむずかしくなりますね、渋滞のなかでは他の作家など、、。次回全体スペースが広くなっても、たぶんブーススペースや通路の広さなどは同じかなと思います。

では、通路を広くされたら?キチンと順路を指定すれば平等だけど、人の渋滞は避けられない、まして通行人との距離が遠くなるのは問題だね。

見て回る方はたいへんだね、偶然の出会いの確立も減ってきて、事前の情報が大事になってきて競合が増えて、でもメリットとしては必ず名刺交換は出来る、かな?個人差はあるけど。

でも、、見に来た人が全部を回れるのかな、800人全部回るかはわからんです。

あと、ブックフェアの会場が同じフロアーかとか?傾向と対策(受験か~)をしっかりとってピンポイント効果の参加だとものすごく有効です。

柳の下の泥鰌といいますが、日本では右へならへで4~5匹の泥鰌は狙ってもいいような慣習ですね、でも、それは、参加するクリエイターなのか主催者なのか?

あくまで個人の感想なので、レスしないでくださいね。